【ブログ】音の強弱

こんにちは!オーディションも終わり、今月は早速コンクールの課題曲が発表されましたね。
あっという間に今年も半分すぎ、11月のコンクールもすぐにやってく
ると思いますが、1回1回のレッスンを大切にしていきたいですね。

今回は音の強弱についてお話していきます。音の強弱はP(ピアノ・弱く)mf(メゾフォルテ・やや強く)などの強弱記号であらわされています。書いてある時はその記号にしたがってその曲を弾きますが、みなさんは意識できていますでしょうか?


正しい音やリズムで弾くことに必死で音量の事を忘れている演奏は音楽的にはならないでしょう。
音の強弱以外にも大事な要素はたくさんありますが、まずは第一歩として音の強弱をつけるというのは音楽的な演奏に近づくものだと考えています。
強弱記号が書いていない場合でも題名がついている場合は題名からどんな音量か想像してみたり、曲の雰囲気に合う音量を考えてみるというのも良いでしょう。実践してみるときっと演奏するのがもっと楽しくなると思いますよ♪

by M.S

ミュージックメイト福岡のHPはこちら
福岡市音楽教室ミュージックメイト福岡