読譜力は必要ですか?

新年度に入り、初めてリトミックやピアノを始められたみなさん、期待でわくわくされていることでしょう!

習い始めたばかりの小さな生徒さんに対しては、まずは音楽の楽しさを体感してもらえるレッスンを盛り込んでいます。
ある程度進んだところで、次は、楽譜を見て(読んで)その通りに弾いていこう、という段階に入っていきます。いわゆる読譜が始まります。
楽譜の音を読んで、それを音にしていくという小さい子供さんにとってはちょっと大変な作業が始まります。

楽譜を読んで右手で弾きます。楽譜を読んで左手で弾きます。そして次に両手の楽譜(大譜表)を見て両手で弾きます。
難しくて、へこたれそうになりますが、実はここで頑張れるかどうかで、将来、ピアノ愛好家になれるかどうかが決まるような気がします。

読譜は、慣れないあいだは時間もかかるし、すぐには音にもできず、本当に根気がいります。
しかし、がんばってこれを続けていると楽譜を読む時間が少しずつ早くなり、以前よりも早い時間でピアノも弾けてくるはずです。
読譜力があると、好きな曲が楽譜を通してピアノで表現できてしまう訳です。

ピアノ演奏を楽しむ上で、読譜力は大きな宝物になるはずです。
先生といっしょに、がんばりましょうね♡

by F.K.

ミュージックメイト福岡のHPはこちら
福岡市音楽教室ミュージックメイト福岡